医療事務の資格は10種類も

病院で働く人達は、多くの職種がありほぼ資格が必要となります。
病院の受付をしている人は、一般的に医療事務の資格を持っています。
実は一口に医療事務といってもその種類は10種類にもおよびます。
その中でも国家認定資格となるのは、一つで診療報酬請求事務能力認定試験です。
これは、診療報酬や医療保険や介護保険制度、医学的知識も必要なために合格率が低く難関です。
医療機関からの信頼も高いです。
一般的には、他の資格を取得してから取ります。
一般的な医療事務は、診療報酬のレセプト作作成や保険組合への保険請求をするための事務、点数などの管理業務も行っています・必ずしも仕事をする上で必要なものではありませんが、就職や業務遂行能力向上のためには必要となります。